葬儀と六文銭

葬儀の際に使われる六文銭をご存知でしょうか?
これは冥銭とも呼ばれているもので、棺の中に遺体とともに入れられます。
かつては、もちろん本物のお金が使われていました。
ただ既に「文」というお金の単位はなくなっています。
ですから今では六文銭に似せて紙に印刷したものをその代用として用いることが一般的です。
なぜ、死者にお金を渡すのかといと、あの世に行くには三途の川を渡らなければいけません。
その三途の川の渡し賃として六文が必要と言うことのようです。
もし、お金を持っていなければ三途の川を渡るときに着ている服をはぎ取られるそうです。
こうした風習は日本だけではなく、外国にもあるようです。
因みに六文銭は戦国時代に活躍した真田家の紋章としても知られています。